高山リード㈱織機部品インド輸出拡大

平成26年12月17日(水)

12月17日の日本経済新聞に、当組合の会員である高山リード㈱様が、織機部品 インド輸出拡大という記事が掲載されました。

リードの性能を検査する工程の時間短縮に成功され、年間生産量も増産、織機の需要が伸びているインドへの輸出拡大となったそうです。

高山リード㈱様は先月と2週間程前の北國新聞にも記事が掲載されていました。

今後もますますご活躍ください!

(株)室島精工が塗装不要の成形技術を確立

石川県産業創出支援機構(ISIC0)が発行している情報誌『ISICO』の今月号に、当組合の会員である(株)室島精工の記事が大きく掲載されていました。同社は塗装不要の成形技術を確立されたとのこと。すでに展示会でこの技術を知った国内外の大手メーカーが工場の視察に訪れるなど、その技術の製品化が期待されています。

記事のダウンロードはこちらから!

(株)室島精工・塗装不要の成形技術を確立.pdf
PDFファイル 1.3 MB

(株)村谷機械製作所がレーザーで腐食防ぐ装置を開発へ!

平成26年12月5日(金)

12月5日付の北國新聞に、当組合の会員である(株)村谷機械製作所が大阪大、石川県工業試験場、古川電気工業などと共同で、医療、電子機器部品の腐食を防ぐレーザー装置の開発を始めたという記事が掲載されていました。

同社の村谷社長は、当組合の勉強会「ほっとクラブ」にもよく参加される大変勉強熱心な方です。2020年度の実用化を目指しておられるそうですが、どうぞ頑張ってください! 

高山リード(株)が外国出願支援事業に採択されました!

平成26年12月4日(木)

12月4日(木)の北國新聞に、当組合の会員である高山リード(株)(金沢市)が、石川県産業創出支援機構(ISICO)の中小企業外国出願支援事業(商標)に採択されたという記事が掲載されました。おめでとうございます!

外国への特許出願及び実用新案・意匠・商標・冒認対策商標出願を支援し、県内の中小企業者が戦略的に外国へ特許などを出願することを促進するための事業です。

 

次世代ファンドに当組合会員企業3社が採択されました!

平成26年12月1日(月)

先週木曜日(11/27)の北國新聞に、県の「いしかわ次世代産業創造ファンド助成事業」の採択決定通知書の交付式の記事が掲載されていました。

 

そのうち、「次世代産業創造支援」分野では、当組合会員の(株)村谷機械製作所が、また「製造技術強化支援」分野では 同じく会員の(株)梶製作所高山リード(株)が、それぞれの分野で助成事業に採択されました。おめでとうございます!

 

当組合の多川理事長が経済産業大臣賞を受賞されました!

平成26年11月28日

11月25日に東京で全国中小企業団体中央会の記念式典があり、全国の優良組合、職員などが表彰されました。

本県からも1団体16名の方が表彰され、当組合の多川直信理事長協同組合等功労者として経済産業大臣賞を受賞されました。本当におめでとうございます!

多川理事長は当組合の役員(現在は理事長)として長年組合の発展にご尽力いただいておりますが、そのほかにも鉄工機電協会の常任理事、石川県商工中金会副会長、石川県中小企業団体中央会の副会長など、さまざまな団体の役職を務めておられます。

多川製作所の社長としてのお仕事のほかに多くの団体の役員としての活動を兼務し、本当にお忙しいことと思いますが、
これからもお体を大切に、北陸鉄工協同組合の発展のためにご活躍ください。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします!

 

(株)小林製作所の小林社長が日経新聞に登場!

平成26年10月6日(月)

10月1日付の日本経済新聞に、当組合会員の(株)小林製作所・小林靖典社長の記事が掲載されました。(株)小林製作所様は先日もご紹介したように、製造管理システムSopak Lite (ソパックライト)で本年度の「プレミアム石川ブランド製品」認定を受けられました。今月2日に当組合の工場見学会で訪問させていただいた折には、小林社長から、詳しい説明もいただきました。(工場見学会の様子は、このホームページの「主な活動」でご紹介しています) 

(株)吉田機械にニッチトップ企業等育成事業の認定!

平成26年10月1日

10月1日の北國新聞に石川県のニッチトップ企業支援の記事が掲載され、当組合の会員である(株)吉田機械(白山市)がニッチトップ企業等育成事業に選定されたと報じられていました。


この「ニッチトップ企業等育成事業」とは、ニッチトップ企業へ発展するなど、飛躍的に成長するモデル企業を支援・輩出することにより、石川県の産業全体の対外的競争力を向上させ、地域経済の活性化を図ることを目的としているもので、次の企業が対象になります。
________________________________________
【補助対象者】
 
高い技術力や独自の技術、ノウハウ等を有し、県内に本社を有する企業で、以下のいずれかに該当する企業
  ① ニッチ市場でシェアトップとなる可能性のある企業
  ② 新しい産業分野やビジネス形態で全国的なモデルとなるような企業
  ③ 株式上場を目指すベンチャー企業
________________________________________

平成24年には(株)高林製作所様と(株)中川鉄工所様、平成25年には(株)村谷機械製作所様というように、ここ数年、北陸鉄工協同組合の会員企業様が認定を受けておられます。このように、当組合の会員企業様の技術力は、石川県内でも高い評価を受けています。

当組合としても、会員の皆様のご活躍を積極的にご紹介していくとともに、様々な形でご支援できるよう、努めてまいりますので、また何でもお気軽にお問い合わせください。

 

(株)高井製作所の「とうふ新聞」

平成26年8月19日(火)

当組合ホームページの「組合紹介」で、多川理事長が昭和33年に天皇・皇后両陛下が石川県の産業を視察された時のことを紹介しています。当組合の会員には歴史と伝統を誇る企業が多く、(株)高井製作所もそのひとつ。同社は大正6(1917)年に設立された日本で最初の豆腐・ 豆乳製造装置メーカーです。小型機械から自動大型製造装置 まで製造してきた同社にも、両陛下がご視察の折には「自動豆富製造装置」を出展。両陛下がご覧になったとのこと。当時の様子を伝える「とうふ新聞」に記事が載っていました。

 

※上の画像をクリックすると拡大表示され、もう一度クリックするとさらに拡大されます。 

(株)小林製作所に「プレミアム石川ブランド製品」認定証!

平成26年8月5日(火)

石川県の「プレミアム石川ブランド製品」認定証交付式が4日、県庁で行われ、今後の成長が期待される製品を開発した6社に認定証が交付されました。

当組合からも(株)小林製作所が選定され、小林社長が交付式に出席。谷本正憲県知事から認定証を手渡されました。

(株)小林製作所のみなさん、本当におめでとうございます!

 

※右の画像をクリックすると拡大表示され、もう一度クリックするとさらに拡大されます。 

「ほっと石川」7月号で明石合銅、BBS金明が紹介されました!

平成26年8月1(金)

石川県が発行している広報紙『ほっと石川』2014年7月号に、当組合会員の(株)明石合銅様と(株)BBS金明様が紹介されました。産業立県石川を支える企業として、両社に熱い視線が集まっています。

明石合銅ではシリンダーブロック、BBS金明では半導体関連装置と、ともに世界的にも高い技術の詰まった製品で、大きく海外に展開しておられます。北陸鉄工協同組合の会員企業には、こうした世界的にも注目を浴びている企業もたくさんあるのです。 

同じく『ほっと石川』では、若手社員の育成の特集記事として、当組合の賛助会員である高松機械工業(株)様が取り上げられました。

同社は、海外事業を担う人材を育成するため、若手社員を対象にした海外実地研修の助成制度を創設。また女性社員の能力活用にも積極的に取り組んでおられます。

 

※右の画像をクリックすると拡大表示され、もう一度クリックするとさらに拡大されます。

(株)BBS金明が情報誌『ISICO』で紹介されました!

平成26年7月30日(水)

当組合会員の(株)BBS金明様が、(公財)石川県産業創出支援機構が発行している情報誌『ISICO』2014年7月号に登場。「次世代型5軸加工機を開発」という見出しで、今年5月に県産業展示館で開催された「MEX金沢2014」に出品し注目された次世代型5軸制御ロボット加工機が紹介されました。インタビューを受けている同社の川原龍之介副社長は当組合青年部のメンバーでもあります。写真の笑顔が素敵ですね! 

次世代型5軸加工機を開発
2014年7月発行の情報誌『ISICO』に掲載された、当組合会員の(株)BBS金明様の記事は、こちらからダウンロードできます。
「次世代型5軸加工機を開発」BBS金明.pdf
PDFファイル 768.7 KB

新入会員のご紹介です

平成26年7月9日

(株)炭鉄工所(金沢市東蚊爪町)が、北陸鉄工協同組合に入会されました。

さっそく会社を訪問。代表取締役の炭茂樹さんにお話を伺ってきました。

出迎えてくださったのは奥様で、優しそうな方。しばらくして、工場から事務所にやってこられた炭社長も30代のお若い経営者です。当組合の会員でもあるホクショー商事(株)の村田社長とは以前から仕事上のお付き合いがあり、その村田社長のご紹介で、同じく当組合青年部の宮崎さん(加賀電化工業社長)ともお仕事のつながりができたそうです。そして今回、その宮崎社長の勧めもあって、北陸鉄工協同組合に入会してくださいました。

 

炭社長は、「経営者たるものはどんなものか、そのスタンスを学びたいです」「仕事のつながり以外にも、いろんなことを話し合える仲間としての横のつながりを持ちたいですね。」と北陸鉄工協同組合に対する期待を語ってくださいました。

今回、村田社長や宮崎社長とのご縁から入会してくださったように、組合活動の中で、いろんなつながりが生まれてくるといいですね!

 

(株)炭鉄工所 http://sumi-ironworks.net/

  

ものづくり・商業・サービス革新事業に採択されました!

平成26年5月1日

平成25年度補正「中小企業・小規模事業者ものづくり・商業・サービス革新事業」の1次公募については、全国で7,396件の応募があり、うち2,916件が採択されました。石川県からも意欲的な企業の革新事業計画が採択されましたが、そのなかで北陸鉄工協同組合の会員企業も12社が選ばれました。

申請者名称 事業計画名
株式会社多川製作所 ウォータージェット織機のヨコ糸異常検知装置の試作・開発
株式会社  明石合銅 (油圧ポンプ/モーターの世界市場獲得を目指すための)鉛フリー銅合金によるバイメタル製品の量産化・管理技術の開発
有限会社サンキ工業 円筒研磨機導入による高精度長尺加工および加工時間の短縮・コスト削減
宮丸精密金型株式会社 金型における中子の生産効率向上と公差による成形不良の減少ができる金型の試作
株式会社安田鈑金工業 ファイバーレーザーによりバスや工作機械のカバー類を精密切断するシステムの構築
富士精機株式会社 ブッシュ、カラーなどの円筒多段部品を精密加工するシステムの構築
株式会社吉田機械 昔ながらの織手法を再現し、欧米規格に準じた小型細幅織り機の開発
株式会社木村精工 先端材料向け電着工具用超薄肉パイプの切削加工技術の開発
株式会社森田工作所 バス部品及び工作機械用カバー等を高精度・低コストで製造するシステムの構築
株式会社原田鉄工所 精密部品の機械加工における新工法の開発による工程数削減と競争力の強化
北陸プレス工業株式会社 多品種少ロット生産に適したプレス加工システムの構築
高山リード株式会社 市場環境変化に即応する戦略的基幹管理システムの構築

 

小池田康成氏が黄綬褒章受章!

平成26年4月28日

(株)北都鉄工の代表取締役会長で、当組合の理事も務めてくださった小池田康成氏が、このたび黄綬褒章を受章されました。小池田会長は鉄工機電協会の常任理事も長く勤められた方。本当におめでとうございます!