労働保険事務組合の監査が終了しました

労働保険料の申告や雇用保険の加入・脱退手続きなどの労働保険事務は、労働基準監督署や公共職業安定所にその都度で向いて行う必要があります。当組合では、会員企業の皆様の事務負担を少なくするため、「労働保険事務組合」として、会員企業に代わって労働保険事務も行っています(会員企業様にとって、特別な事務費用のご負担はありません)。

 

今日はその事務組合事業の3年に一度の監査の日。石川労働局から3名の係官が来られ、帳簿類をチェック。どんな監査でも何かつ不都合があっては、と心配になりますが、当組合には社会保険労務士の堀内先生がついていてくださるので大丈夫!担当の野村さんと一緒に、係官の質問にてきぱきと即答。主任係官も、「この組合は全然心配ありませんね!」とほめてくださいました。堀内先生、野村さん、ありがとうございました!(写真は堀内先生と野村さん)

 

特に小規模の事業所にとって、当組合の「労働保険事務組合」事業は心強いサポートです。皆さんの会社の労働保険事務も、ぜひ当組合にお任せください!


※「労働保険事務」については、こちらをクリック → 「労働保険事務」